野口直樹建築設計事務所『ワクワク・ドキドキ・発見』世界にひとつだけの園舎づくりを。

園舎設計への想い

園舎という環境面から、子ども達の笑顔をクリエイトしたい

ワクワク・ドキドキ・発見

私たちは、園舎設計に特化した設計事務所です。
園の方針に基づき、子どもさん達の可能性を最大限に引き出せるような、
夢と希望にあふれた空間づくりを、施主様と一緒に築きたいと考えています。

こどもたちの笑顔をデザインすること
こどもの笑顔
こどもの笑顔

近年、子ども達を取り巻く環境も随分変化しており、そこに関わる
幼児施設の役割も大変重要なものになっています。
長い時間を過ごす園舎生活は、子ども達の成長段階で大きな影響を与えることから
園舎という環境面で、先生方や保護者の方々、そして
未来を担う子ども達のアシストをしたい。そんな熱い想いを抱いています。

こどもの笑顔にする園舎
こどもの笑顔にする園舎
こどもの笑顔にする園舎
こどもの笑顔にする園舎

「ただの箱」ではない、関わる人全てが幸せになれるような
付加価値の高い空間づくりを

園の代表者様を始め、そこで働く先生方のハツラツな笑顔は
子ども達にも良い影響を与えると信じております。また、
大切なお子様を預ける保護者の方々の安心も、
子ども達の充実した園生活があってのことだと思います。

私たちは、「ワクワク・ドキドキ・発見」を設計コンセプトとし、
「どうすれば子ども達と関わりやすいか」「どうすれば子ども達の成長につながるのか」等、
どんな環境が最適かを常に考え、アイデアを膨らませます。
施主様のご意見+独自のアイデアで、世界に一つだけの園舎づくりをご提案します。

園舎設計における基本方針

1.子ども目線で

設計段階から、目線を落とした子ども達のスケール感を意識しています。
お城のような、秘密基地のようなワクワク感に加え、一見デッドスペースのような部屋の隅々にも工夫を凝らし、居心地の良い隠れ家的な空間を生み出します。子ども達の自由な発想や、安心につながる空間を随所に表現します。

子どもの目線で

2.園の理念を第一に

園の理念を第一に考え、空間から素材のひとつひとつにまで反映します。
例えば…「想像を膨らます」ことが大切であれば、自由に落書きができる壁を提案したり、給食室を見える化するなど、子ども達の自由な発想を引き出すご提案を。
例えば…「危険を教えることが大事」であれば、あえて柱を残したり、段差をつけたり、子ども達の注意力や抑止力を育てる創意工夫を行います。

子どもの目線で

3.木造&自然素材

木造園舎の心地よさは、柔らかな光の反射と木目の持つ視覚的な要素から得られます。木の香りは気持ちを落ち着かせ、気分を爽快にさせる“フィトンチッド効果”があり、化学素材と比較すると、ダニやハウスダストへの抑制効果も期待できます。
また、室内環境での体感温度も高く湿度変化を緩和させ、外部環境に適した空調設備を合わせると“エコ園舎”として、快適な空間を生み出します。

子どもの目線で

4.優しい設備設計

各種設備にもこだわり、以下の項目を特に重視しています。
・自然を意識し、利用する人にも環境にも優しい設備設計
・食育を意識した厨房配置設計 ・風と光の通るトイレ
・トンネルや穴ぐらなどの、子どもサイズの居場所
・冒険心や想像力を掻き立てる園庭  ・感性を養う配色やデザイン

子どもの目線で

ご予算や各種手続きなど、設計以外のサポートも可能

弊社では、設計以外の企画段階から携わらせて頂くことで、
トータルの予算を適正に把握し、これまでの経験を生かした様々なアドバイスとサポートが可能です。